貰った宝石の価値が知りたい!鑑定に出すときに気を付けたいことは?

信頼できる宝石の鑑定とは、どのように行えばいいのか

自分で買ったものではない宝石の場合、鑑定書無しで手に入れる時に口頭などでその宝石の価値を教えてもらっただけでは、それが本当の価値どうかはわからないものですよね。では、もしそれを適切な価値を知りたい・適切な金額で手放したいと思った時、どのような手段を取れば良いのでしょうか。
真珠など、本物・偽物の判断が必要なものであれば「鑑別」という呼び方になり、ダイヤモンドのような宝石(グレードのあるもの)であれば「鑑定」と呼ばれるのが一般的な言い方なのですが、どちらも、鑑定書がなければ「宝石鑑別センター」という名称のお店であればどこでも鑑別や鑑定が可能となります。宝石鑑別センターにいる鑑定士は、実力確かなプロなので基本的に安心だと言えます。鑑定士という国家資格はないにせよ、宝石売買を取り扱うという点において信用性を背負っている各会社の鑑定士が、しっかり鑑別・鑑定してくれるのです。

鑑別書・鑑定書があることの意味を知ろう

では、鑑別書や鑑定書は何のためにあるのでしょうか。鑑別書や鑑定書は、プロの鑑定士でなくても、その宝石が本物であることやどのようなグレードの宝石であるかが分かるようになるという点で有用です。お医者さんに書いてもらう診断書をイメージすると分かりやすいかもしれません。プロの鑑定士の目で見れば、例え鑑別書・鑑定書無しでも適切な金額を算定することができるため、鑑別・鑑定のプロがいるお店で手放すならば不当に買い叩かれるというリスクはあまり心配要らないと言えます。
そのため、例えば真珠なら、「宝石鑑定センター」と冠しているお店では、プロ同士の取引となるケースもあるわけですから、偽物である真珠を「本物です」と売りにくいであろうことは明らかです。宝石を売るにあたっては、近場ではどのようなお店が信頼できるのか、しっかり押さえておきたいところですね。

© Copyright Jewelry News. All Rights Reserved.